京都丸紅株式会社

MENU

  1. ホーム
  2. ブランド
  3. 榛原(はいばら)
榛原(はいばら)

文化三年(1806年)、初代佐助が日本橋際に和紙小間物販売店を開業。現在七代目。創業以来一貫して和紙を扱い、特に看板商品となった雁皮(がんぴ)紙は、滑らかで墨つきが良いと、文人・墨客を中心に愛好された。ウィーン万国博覧会(1873年)、パリ万国博覧会(1878年)に和紙を出品し、褒状を授与される。また、郵政黎明期に官製はがきや罫付き便箋を作成し、手紙文化の発展に寄与したといわれる。柴田是眞や、河鍋暁斎、川瀬巴水、川端玉章、竹久夢二などの絵師とも交流が深く、それらの図案を用いた千代紙、便箋、うちわなどは時代を超えて人気がある。現在も、全国に伝わる良質な和紙を扱うと同時に、木版摺りの金封・便箋などの伝統技術を維持している。

^
TOP
お問い合せ/京都丸紅株式会社 営業戦略部 営業企画課 
075-342-3349
※全ての無断転載複写禁止。肖像権の侵害にあたり、罰せられることがあります。
  掲載柄の無断盗用は、著作権侵害となり法律で禁じられています。
  モニター個々の発色等により現物とは多少色の異なる場合があります。予めご了承ください。

※クリックでアイテムページを表示します