染分変り無地縮緬地稲穂祭 灯文字散し文様振袖 (百万石)

矢田博

1979年

現代衣装:京都丸紅所蔵品

小袖等に見られる文字を文様に散らすという古典的な意匠を、ダイナミックな構図で振袖に描いた現代加賀友禅の逸品。秋祭りの様子だろうか、豊穣の喜びを表すような稲穂と、祭り灯篭を大胆に描いている。祭り灯篭には加賀前田藩の紋である梅鉢と秋を彩る大輪の菊があでやかに描かれている。刺繍や金銀箔を使用しないで友禅染めの技法のみを駆使した立体感溢れる力作である。第百回秋の美展に平催された「加賀友禅巨匠展」の出品作である。
矢田博
1919年 石川県に生まれる
1934年 京都へ上京し、土屋素秋氏に師事。10年間友禅業修得
1955年 水野博宅にて加賀友禅に入職
1968年 独立して加賀友禅業を営み現在に至る
1972年 有限会社 矢田白にて発足
1975年 伝統産業加賀友禅競技会にて金沢市長賞受賞
1980年 伝統工芸士に認定される
1983年 東京青山井筒工芸染色織館にて「矢田博加賀友禅展個展」開催。石川県無形文化財加賀友禅技術保存会会員となる
1986年 逝去
  • 薄緑紋緞子地 菊…

  • 黒縮緬地 御殿に…

  • 染分紋縮緬地 道…