朝倉文夫

牡丹に唐獅子

1928年

朝倉文夫
彫刻家。優れた技術によって自然主義的な写実をつらぬき、文展・帝展彫塑のひとつの典型をつくりあげた。東京美術学校教授を務める一方、朝倉塾(のち朝倉彫塑塾と改名)を主宰し、多くの後進を育成。日本彫刻界の元老的地位にあった。
帝国美術院会員。1948(昭和23年)年には文化勲章を受章。
  • 伊東深水

  • 向井寛三郎

  • 澤田宗山

  • 小川翠村

  • 鹿島英二

  • 藤島武二

  • 堂本印象

  • 高畠華宵

  • 六角紫水

  • 西村五雲

  • 田中善之助

  • 石崎光瑶

  • 竹内栖鳳

  • 宇田荻邨

  • 梶原緋佐子

  • 北野恒富

  • 杉浦非水

  • 東郷青児