杉浦非水

線条

1930年

杉浦非水
図案家。本名朝武。松山中学在学中、四条派の画家松浦巖暉に師事。1897年上京、川端玉章の指導を受ける一方、黒田清輝の天真画塾で洋画も学ぶ。同年東京美術学校日本画科選科に入学、1901年卒業。フランスから帰国した黒田清輝が紹介したアール・ヌーヴォーに刺激され、図案を志す。大阪三和印刷所、都新聞社、東京三越に勤務し、ポスターや劇場の緞帳、雑誌表紙などの意匠図案を制作。1912年中沢弘光(なかざわ・ひろみつ)らと光風会を創立。1913年国民美術協会結成に参加。1922~24年に渡欧。帰国後、図案の研究団体「七人社」を設立し、1926年から10回にわたり創作図案展を開催。1929年帝国美術学校創立とともに工芸図案科長となり、1935年に退職した後、多摩帝国美術学校を創立、校長兼図案科主任教授となる。1953年多摩美術大学理事長兼図案家主任教授となる。工芸図案界の先駆者として活躍し、1955年に日本芸術院賞恩賜賞を受賞した。
  • 鹿島英二

  • 西村五雲

  • 高畠華宵

  • 向井寛三郎

  • 梶原緋佐子

  • 東郷青児

  • 小川翠村

  • 竹内栖鳳

  • 伊東深水

  • 北野恒富

  • 石崎光瑶

  • 藤島武二

  • 六角紫水

  • 朝倉文夫

  • 田中善之助

  • 堂本印象

  • 宇田荻邨

  • 澤田宗山