西村五雲

石橋(唐獅子)

1929年

西村五雲
京都府出身。画家。染色業者を営む西村源七の次男。本名源次郎。1890年(明治23年)に四条派の岸竹堂に入門し、日本美術協会展、全国絵画共進会、内国勧業博覧会、文展など、各種展覧会で受賞を重ねる。師竹堂の没後、1899年(明治32年)より竹内栖鳳に師事。1912年(明治45年)みずから西村画塾(のちの晨鳥社)を開設。1913年(大正2年)京都市立美術工芸学校教諭となる。1920年(大正9年)帝展委員に推薦され、1924年(大正13年)にも委員を務め、1925年(大正14年)よりたびたび審査員を務める。病弱だったため大作は少なく、作品数も多くないが、健康の自信を回復した1931年(昭和6年)頃より再び活発な制作活動を開始。師竹堂と竹内栖鳳の画風をよく学び、軽妙な筆致による写実的な表現で後継者としての力量を示した。動物画に定評がある。1923年~36年(大正12年~昭和11年)に京都市立絵画専門学校教授を務め、1933年(昭和8年)には帝国芸術院会員となる。「石橋」は有名な謡曲を題材にしたものである。
  • 宇田荻邨

  • 田中善之助

  • 六角紫水

  • 東郷青児

  • 堂本印象

  • 竹内栖鳳

  • 北野恒富

  • 澤田宗山

  • 杉浦非水

  • 小川翠村

  • 石崎光瑶

  • 朝倉文夫

  • 梶原緋佐子

  • 向井寛三郎

  • 高畠華宵

  • 鹿島英二

  • 伊東深水

  • 藤島武二