梶原緋佐子

不明

1936年

梶原緋佐子
日本画家。女学校の図画教師・千種掃雲に才を見出され、卒業後、菊池契月に師事し人物画を学んだ。大正期には、生活と闘う逞しい女性を描くことをテーマに、社会性の強い作品を展開したが、昭和期には舞妓や芸妓など、女性の内面から溢れる気品や柔和感をおおらかな線で描く、格調高い画風へと変わっていった。国画創作協会展および官展に出品。1947年(昭和22年)日展「晩涼」が特選、1949年(昭和26年)日展では「花」が文部省買い上げとなった。また歌人の吉井勇に入門し、歌集も出している。
  • 東郷青児

  • 高畠華宵

  • 鹿島英二

  • 六角紫水

  • 田中善之助

  • 藤島武二

  • 宇田荻邨

  • 竹内栖鳳

  • 西村五雲

  • 杉浦非水

  • 澤田宗山

  • 向井寛三郎

  • 伊東深水

  • 北野恒富

  • 石崎光瑶

  • 小川翠村

  • 堂本印象

  • 朝倉文夫